【切れない包丁を目の前にして】

私の運営するもう一つのサイト=4690sensei.comに,新しい記事を投稿しました。リハビリクッキングに必須なもの,それは包丁。しかもそれは,切れ味鋭いものの方が良いはず。しかし……

私のへ理屈におつきあいいただける方は,こちらのサイトにも訪れていただけると嬉しいです。

関連記事

  1. ゆめタウン久留米にてCozy-Ashさんのクラリネット演奏を楽しむ

    【生まれ変わることができました】

  2. 【お話会の第一期が終了しました】

  3. 久留米の講演会にて

    【現状維持の辛さと安心感と(後編)】

  4. 驚いた〜息ができない!

  5. 【なぜ穏やかになったのか】

  6. 【つながりを求めて難病支援センターに連絡】

  7. 【新聞掲載の大きな影響】

  8. 【インタビューは楽し】

コメント

    • 森田悦郎
    • 2019年 1月 25日

    切れ味が悪くなった包丁も、意味がある、という発想は、有りませんでした。
    確かに、少し潰しながら切る、という考え方も有りますね。

      • 4690sensei
      • 2019年 1月 25日

      ありがとうございます。随分変わった嗜好かもしれませんが,今まで助けられてきた包丁ですから,捨てるには忍びないというところも私の心の底にはあるようです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。